株式投資で稼ぐ情報商材

株式投資で稼ぐ情報商材

株式投資で稼ぐノウハウ(情報商材)を紹介しています。
オススメ株式投資のための情報商材
人気No.1 2億を作った超短期仕手株投資法

もし、あなたが3つの約束を守ることができる!!と誓えるのであれば、チャートに張り付き毎日必死で勉強している投資家を横目にウスラ笑いを浮かべながら週1回の取引で月利220パーセントを今も継続的に達成し続けている投資法を公開するのですが・・・

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PF2.14の奇跡!日経225先物向けトレードシステム「Dr.225」
2009年04月12日 (日) 16:29 | 編集

日経225先物用寄り引けトレードシステム


※当サイト記載の数値には過去の検証結果(バックテスト・フォワードテスト)を含みます。
※当システムは利益を保証するものではございません。実際の売買は自己責任でお願いします。
※2009年の成績は4月10日現在です。























システムトレード。


日経225先物に限らず、株にしても、FXにしても、
今やシステムトレード抜きには相場を語ることはできません。


システムトレードは、決められたルールに従ってトレードする手法です。
したがって、経験則や相場勘に頼った裁量トレードとは全く異なります。


そのルールは、過去のデータを分析・検証して作られますが、
データの蓄積が多いほど、検証期間が長いほど、ルールの信頼性は高くなります。


日経225先物の場合は、
上場以来のデータで検証すれば、信頼性が高いことになります。


当システムを作るにあたっては、
できるだけ長期間でのパフォーマンスを検証するために、
1990年1月から2008年10月まで(18年10ヶ月)のデータで検証しています。


下に示した表は、Dr.225の検証内容です。








上の表の中で、まず注目していただきたいのは、
何と言っても、勝率とPFの高さです。


Dr.225のコンセプトの1つは、
長期間にわたって、安定して高い利益を稼ぎ出すことです。


システムトレードが浸透してきた現在、
勝率60%近くでなければ優れたシステムとは言えなくなっています。


1年や2年の短期間であれば、カーブフィッティングで
勝率を60%以上にまで上げることは意外と簡単にできます。


では、10年を超える長期間の場合はどうでしょうか?
かなり高いハードルになってきます。


しかし、Dr.225はこの高いハードルを、
18年10ヶ月という長期間にわたってクリアしました。





勝率、PFのいずれも、トレードシステムにおいては大事な要素ですが、
パフォーマンスにおいて、最も重視されているのがPF(プロフィット・ファクター)です。


 ・・・・・

この情報の詳細を見る



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
セクロスしたら金もらった
2009/04/12(日) 17:32 | URL | KK #vbJprbw6[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。